その他の費用例

その他の費用例

その他の費用について


その他の費用については、請求金額や、事件の難易、解決までの時間の見込みなど、個別の事案の内容によって異なります。相談いただいた際にその場でお見積りいたしますので、まずはご相談いただければ幸いです。

なお、通常は、着手時に着手金、終了時に報酬金をいただいております。着手金は、結果にかかわらずいただくお金で、報酬金は、結果に応じていただくお金です。かかった実費についても、請求をさせていただいております。その他、遠方への出張が必要な場合には、日当をいただくこともあります。これらの金額については、全て、契約時にご説明をさせていただき、契約書にも記載させていただきます。

費用例
請求額300万円までの示談交渉の場合、(旧)日本弁護士連合会報酬等基準に基づき、着手金として、請求額の8.8%程度(最低金額11万円)、報酬金として、回収額の17.6%程度(最低金額22万円)が目安になりますが(請求額が300万円を超え3000万円までの部分は、着手金5.5%・報酬金11%。請求金額が3000万円を超える部分は、着手金3.3%・報酬金6.6%。)、ケースによっては、報酬金を回収額の11%程度とさせていただく場合もございます。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP